登山という趣味の魅力と注意点とは

私は学生時代身体を動かす様な趣味はなく、どちらかと言うとインドア派の人間でした。所が会社勤めをしていた時代に、当時の上司にやや強引に誘われて登山に挑戦する羽目になったのです。もっとも登山と言っても初心者向けで標高も高くない金時山でしたが、それでも完全な初心者で当時運動不足だった私にはそれなりにきつく感じられました。それこそ登っている最中は、何が楽しいのかさっぱり分からないといった気持ちで、もう2度と挑戦しないという決心していたのを覚えています。所が山頂が近付いて来ると徐々に、気持ちが変化し行ったのです。これまで我慢して歩いて来た事が報われるという思いと共に、徐々に解放感が芽生えて来ました。それだけでなく山頂に到達し自然が豊かな景色を見下ろした所で、その美しさに身震いする様な強い感動を覚えたのです。我慢して山を登った果ての山頂での達成感は非常に心地良く、私はすっかり登山にハマってしまいました。ただし初心者向けとされる金時山でも体力がない私には、普通にきつかったです。そこで登山を趣味にするには体力作りが必要だろうと考え、日常的にジョギングを開始しました。こうして登山を趣味にした事で、運動不足も解消されて健康的な生活を送る様になった点も大きなメリットです。実際に登山を趣味にしてもう4年位経ちますが、今も少なくとも週に3、4日はジョギングをする様にしています。お陰で登山を始める前は少し中年太りが始まって肥満気味だった身体も、すっかり引き締める事が出来た点も良かったです。そんな登山の趣味ですが、デメリットというべき注意点も存在しています。山を甘く見るとそれこそ危険であり、初心者向けのなだらかな山であっても山の天気が急変して激しい雨が降り出したりすると、足場がぬかるんで危険な山へと急変する事もある事です。そのため安全な山だと甘く見ないで、事前の準備は念入りに行う必要があります。食料や水は勿論、道具類もきちんと装備しておきいざという場合に常に備える事が大事です。お陰で登山を趣味とする場合、最初に初期投資として道具を揃えるのにある程度お金が掛かります。揃える道具にもよりますが、それなりに本格的な装備にするには5万円以上掛かる事も少なくないです。更に山へと向かう交通費や場合によっては宿泊費も掛かるので、地味にお金が掛かる趣味だったりします。

究極の筋トレ!タバタ式トレーニング

私の趣味はタバタ式トレーニングと言う筋トレです。メリットは以下に沢山かきますがデメリットは特に見当たりません。費用もかからないし精神的にも肉体的にも経済的にも負担なく続けられます。まずタバタ式トレーニングのやり方について簡単に説明します。おおまかには、20秒間のきつい運動をやり10秒間休む、または10秒間そんなに疲れない運動を1つやる、それを8回繰り返すという内容。1回にかかる時間はたったの4分です。私はこれを朝起きてすぐと、朝食後、帰宅後すぐと夕食後、最後に寝る前の1日5回やっています。きつい運動はこれじゃなきゃダメですということはないので、私は軽くジャンプして手を上げる着地してしゃがんで床に手をつく。この単純な筋トレを10回位やります。他には床に手をつきちょうど腕立てのような姿勢をとり足だけ素早く動かす。これは20回位やって1セットにしています。これを始めたきっかけは若くして脳梗塞になったことです。一週間入院してあるゆる検査をした結果肥満による動脈硬化と喫煙が原因という診断でした。退院の時生活習慣を改めなければ2年以内の再発は避けられないと医者に宣告されました。幸いにも麻痺とかにならずにすんだ訳だから感謝の気持ちで生まれ変わらなければと思いダイエットと喫煙を決意しました。それで行きついたのがこのタバタ式筋トレです。お金もない、時間もない、気力もない自分が2年間これを続けてこれたのは試行錯誤しながらも自分んにぴったり合った筋トレに出会えたという単純な理由だと思います。病気になる以前にタバコを吸っていたようなタイミングでやるのです。その後モチベーションを上げるために体重や体脂肪を計ったりもします。結構汗をかくので特保のコーラを「グーー」と飲みほすのも楽しみです。若いときはサッカーをやったりわりとスポーツは好きな方でしたが、食べることとタバコが趣味のようになってしまってからは歩くのすら面倒に思えるような不健康な状態でした。今はこの筋トレによって体重が15キログラム減と軽量化したので休日は子どもたちと一緒に走ってボールを蹴るのが楽しみになりました。「タバタ式トレーニングが趣味です」というと「えっ」と驚かれることもありますが、私の以前の容貌を知っている人は「良い趣味だね」と納得してくれています。

趣味としてDIYをするにあたり気をつけたいこと

DIYを趣味として行うにあたり気をつけないといけないことは怪我です。DIYは必然的に鋸や金槌などを使いますので手や足を汚しやすいので怪我をした場合、治療費が掛かります。ですが、趣味として行うに当たっては道具さえそろえてしまえば後は材料費だけですのでそれほど趣味として行う際にお金は掛かりません。ただし、DIYに使う道具は日夜進化し続けている上に新型製品がたくさん発売されてどんどん便利な機能を搭載したドリルや小型化されたポール盤などが発売されて便利になった商品が発売されるため、新しい道具が欲しいと思うことがあります。新しい道具を買いなおすか今ある道具を使用するかという問題が起きた場合、今使っている道具を中古として売却して新しい道具を購入するか新しい道具を購入することを諦めるかを選択しなければいけません。無論新しい、道具を購入すると出費も多くなります。これがDIYをする際の注意点です。新しい道具が無性に欲しくなった場合、購入すると出費が増えます。購入しなければDIYで使用する材料費のみですので安い金額で趣味を楽しめます。しかし新しい道具を手に入れることに固着してしまい、DIYで物作りを楽しむのではなく、新しい道具を購入して使用したいということに趣味が置き換わりやすいのがDIYです。そうなってしまうと、DIYを楽しむのではなく新しい道具を使用することを楽しんでいるような物で何かを作り出すということを楽しんでおらず,DIYを趣味としているとはいえません。これが結構、DIYをしている人に結構多く、DIYを楽しんでいるのではなく、新しい道具を使用することを楽しんでいる人が結構います。DIYは日曜代具で簡単な家具や日用品を作ることに意味があり、新しい道具を次々と購入することではないのです。既存の道具を使用して何を作るかを重視した方が楽しめる趣味がDIYです。既存の道具であれば日曜日のみのDIYでも大抵3000円も使用せずに何か家具を作ることも出来ますし日用品を作り上げることも可能です。あくまで道具が揃っていることが条件ですが私の場合、日曜大工としてDIYをしていますが材料は100円ショップでも手に入るため、材料費については、どのくらい贅沢をすることが出来るかになるでしょう。材料費をあげたからといってもその材料で作った物がすばらしいものであるかどうかなどの保証はありません。きちんとニスを塗ったりして材料を処理してあげなければどんな材料も駄目になってしまいます。これは料理と通じる部分があり料理もきちんとした処理をしないと失敗してしまいます。DIYも同じで出来た家具や日用品に最後処理をしてコーティングを施さなければ家具や日用品として使用した際、すぐに劣化して壊れたりします。肝心なことは限られた道具を駆使し、丁寧に下処理をして何かを作り出すことに意味がある趣味がDIYです。怪我に注意してDIYを楽しみましょう。

ボルダリングを趣味にしたいあなたへ

ボルダリングを始めたきっかけは、楽しく筋肉をつけることができる運動をしたいと

思ったからです。運動不足で筋力も体力も落ちているなと感じていて運動をしたいと

思っていました。でも筋トレとか重たいものを持ち上げてやるのは長続きしなさそうだし、

ゲーム感覚でできるボルダリングなら続けられるんじゃないかなと思い体験レッスンを

受けに行きました。体験レッスンがあまりに面白くてそのまま入会しました。

始めてから3ヶ月になります。

<ボルダリングって?>

ボルダリングは人口ホールドの壁を登っていくものになります。自然の岩を登る場合も

ボルダリングと言います。安全確保のロープをしないで登ります。

頭と体を使うことができるスポーツとして注目されています。

<ボルダリングのメリットとデメリット>

ボルダリングのメリットは楽しく体を動かすことができるという点です。登り切った時の

達成感も味わえてゲーム感覚で運動できます。それから全身の筋力を使うことができ

筋肉をつけることができる、体力アップにつながるという点もメリットです。

あっという間に時間が過ぎてしまうので運動しているという感じが全くありません。

ボルダリングのデメリットは全身筋肉痛になってしまうという点です。初めての場合、翌日は必ず筋肉痛になると言っても良いかもしれません。それから手に血豆ができやすくなります。手で岩になっている部分をつかんで登っていくので手が痛くなりやすいです。

手袋などはしますがそれでも血豆ができやすいです。

あとは体の色々な部分をぶつけやすいのでどうしてもアザとかができやすいです。内出血しやすい人や切り傷、擦り傷ができやすい人はウエアで身体を守れるようにしたほうが良いでしょう。

<ボルダリングにかかる費用は?>

ボルダリングは初回体験レッスンがある施設が多いので持ち物なども必要なく、

施設利用料を支払うだけで体験できます。この費用は3,000円前後の施設が多いです。

体験後はビジターで利用するか会員で利用するかになります。

ウエアは特に専用のものはないので動きやすい服装で良いですが、シューズとチョークと

チョークバッグは必要になります。レンタルもできますが通う頻度が多い場合は購入したほうが良いでしょう。シューズは1万円くらいからあります。チョークバッグは5千円前後、チョークはジム内で購入して千円でした。施設利用料金はジムにより異なりますが私は1ヶ月1万円のフリーパスを購入して利用しています。

気になる人はまず体験レッスンを受けてみると良いでしょう。

趣味としてドライブを行なうに当たり注意する点

趣味として車で行きたい所にいくドライブを趣味として7年ほどしておりますがこの趣味を行なうに当たり注意する点は、車の整備状態と燃費です。車の整備状態は日ごろ、日常でも車を運転する私の場合、自分で交換できる部品、整備できる範囲内であれば老いる交換などのほかラジエーター液などの交換も自分でします。この整備状況が悪いといざと言うとき、ドライブをしようと出かけたとき、不具合に気づいた際、修理をする必要が無い不具合であれば問題は無いのですが、修理をする必要のある不具合だと修理工場を探さないといけないからです。私は過去、ドライブ中に、発電ダイナモが故障したことがありましてその際、ドライブを途中で切り上げ帰って修理をしたこともあります。発電ダイナモが故障するとバッテリーが充電できなくなりましてやがてエンジンが止まり動かなくなります。そうならないうちに家に帰り修理をするなり修理工場を探して修理をする必要があります。一応簡易修理工具を積んでいますが簡易修理工具では修理できない故障もありそうした場合、本格的に修理をして治すしかないです。基本的にこの趣味、車の状態を出来るだけよい状態にする必要がありますのでメンテナンス代が掛かりますが、しょっちゅう部品を交換するわけではなくオイル交換やラジエーター液が減っているかなどを見て交換するだけですから、オイル代4000円位、ラジエーターは減った分を補給するので水道水でも構わないです。ポルシェみたいな車に乗っているのであればオイル大はもっと掛かると思いますが私の場合、ジムニーシエラですのでそれほどオイル代はかからないです。燃料代はこれについては移動した分消費しますのでエコ運転をすれば燃費をよくすることが出来ますし、趣味がドライブというのは車を運転してどこかに行くことが好きなだけですのでスピードを出したいわけではないので燃料代についてはどの位の距離を走るかによります。燃費でいうとリッター14キロくらいですので後は移動距離がどのくらいであるかです。スピードを出すことに意味見出すドライブとどこかへ行くことに意味を見出すドライブがありますのでどちらのドライブに当てはまるかにより趣味に使う金額も換わります。スピードを出すタイプですと、多分、スポーツカーでしょうから維持費はかなり高く、燃料もハイオクしか使えない為かなり高額になり、燃費も悪いのでかなり出費はすると思います。私は遠くに行くタイプですのでスピードを出したいタイプではないのでよくは分からないのですがスポーツカーは維持費がかなり高くなるということは知っていますので、どちらのタイプのドライブを行うかにより出費も変わります。

スイムはゆっくり長く続けましょう

月並みですが水泳です。

今年、息子が30才となりますが、彼が小学校1年の時、近くのスイミングスクールに通い始めました。水泳を始めたのはそれがきっかけでした。スクールでは子供を通わせている親に対しパパママコースというものが準備されており通常の大人のコースよりも安い月額料金で利用できるため家内と一緒に申し込むことにしました。長いもので水泳歴は24年ということになります。もともと息子は個人よりも団体でするスポーツのほうが好きで孤独を愛することができませんでした。そのため水泳はある程度泳げるようになった時点でサッカークラブに鞍替えし水泳には見向きもしなくなりました。一方、家内ですが私と同時に水泳を始めたのですが体の柔軟性があり関節の稼働領域も大きくみるみる上達していきました。私よりうまくなって焦っていたのですが2番目の子供に手がかかり中断してしまいました。現在、我が家で水泳を続けているのは私だけです。当初の私のレベルは平泳ぎで25m何とか泳げるというものでしたがクロールや背泳ぎのレッスンを受け徐々にそれらの泳法もマスターしていきました。息子がスクールを退会した時点で別のクラブに入会し5年ほどたったころようやくクロールで100m程度泳げるようになりました。この時点ではまだバタフライには手をだしておりません。なかなかバタフライの動きをイメージすることができずレッスンに参加するに至りませんでした。クロールを泳ぎこんでいくうちに息もちゃんと吸えるようになり体が楽になってきました。息を吸うということは息をちゃんと吐くということ、こうなればしめたもの、2ビートのキャッチアップスタイルでゆっくり長く泳ぐことを目指しました。水泳は25mを全力で泳げば無酸素運動となりますが1,000m程度泳げば汗も大量にかき、有酸素運動となります。水の中では頭と体が平行となり心臓の負担も少なく、膝の故障の心配もすることなく運動ができますのでジョギングより安全かもしれません。あくまでも個人の意見ですが。レース志向ではないので最初は200m、400mと距離を伸ばし最終目標は30分かけ1,000m泳ぐこととしました。コンスタントにここまで泳げるようになるには始めてから10年程度かかりました。週4回ほど仕事帰りにプールにより有酸素運動をこなしクールダウンしオンからオフに切替え自宅に戻るという生活を実現できるようになりました。仕事帰りにちょっと居酒屋というのもいいのですがお金もかかり度々飲みにも行ってられません。スポーツクラブの会費は月額9,000円程度ですから飲み屋に行くよりコストパフォーマンスに優れています。こんな生活を続けていると腹筋も立て割れとなりすっきりした体形となりました。水泳のおかげで夜の付き合いが悪くなったことは確かですが、デメリットといえばそんなところでしょうか。3年ほど前からようやくバタフライのレッスンを受けるようになりました。家内はバタフライもすでにマスターしていましたのでちょっと私が生意気なことをいうと馬鹿にされるのですが懲りずに頑張っている今日この頃です。

自分の趣味であるスポーツ観戦について

私の趣味は、スポーツ全般の観戦です。スポーツが大好きで物心ついた頃から様々なスポーツに実際に挑戦したり観戦してきました。幼い頃から現在に至るまで30年近くスポーツ観戦や実際にスポーツをする事を趣味としてきました。スポーツ観戦ですが、プロ野球や高校野球をメインにしてサッカーのJリーグや海外のスペインリーグやプレミアリーグも見ています。その他にもバスケットボールやバレーボール、卓球、駅伝なども観戦するのが趣味です。スポーツ観戦を趣味にしているメリットですが、いろんな競技を観戦する事で4年に一度開催されるオリンピックは更に観戦を楽しむ事が出来ています。幅広いスポーツ競技を日頃から観戦して知っているとオリンピックは何倍も楽しめます。オリンピックでは、多くの競技が行われますが、まだあまり知られていない競技なども中にはあります。日頃から多くのスポーツをテレビで観戦していると競技に対する知識やどの選手が強いのか知る事が出来るメリットがあります。デメリットとしては、テレビでの観戦だけではなく特にプロ野球や甲子園、Jリーグなどは現地で観戦する事が多くなっています。観戦するためのチケット料金や現地までアクセスする交通費などが必要となります。唯一のデメリット点としては、現地観戦する場合は費用がどうしても嵩んでしまう点です。スポーツ観戦にかかっている費用ですが、月平均でおおよそ5千円から1万円くらいです。毎月、スポーツ観戦に行ける訳では無いため、月平均すると1万円くらいの費用となっています。特に夏の甲子園などは毎年、現地で観戦しており甲子園予選から球場に足を運んでいます。地方予選から本大会の開催される甲子園まで観戦しに行くため、費用はかなりかかってしまうものの趣味として毎年足を運んで現地で観戦しています。私は、幼い頃からスポーツに触れたり観戦する事を趣味としてきたため、今後も自分の趣味を大切にしていきたいと思っています。スポーツを実際にする事で健康にも良く、スポーツ観戦で友人や仲間が増える魅力もあります。スポーツを通じて沢山のメリットがあるため、スポーツ観戦はとても良いです。

料理というよりケーキを組み立てる!なんちゃってパティシエ気分の趣味

私には定期的に楽しむ趣味があります。だいたい一ヶ月に一、二回ぐらいやるのですが、ケーキ作りです。とは言ってもケーキを「組み立てる」だけですね。カステラは出来上がった丸いものをベーカリーで買い、袋入りの出来上がったクリームを塗って好きなフルーツなどを入れたり乗せたりして丸いホールケーキを作って楽しんでいます。息抜きしたいときや何かを頑張った後にこれを楽しんでいます。

こういった方法でケーキを「組み立てる」趣味を持つきっかけになったのは母の去年の誕生日でした。母の誕生日ケーキをどうしようかギリギリまで迷った結果、ベーカリーでホールケーキをお誕生日メッセージ入りで当日その場で作ってくれるかどうか分からなかったので、結局私がスーパーで丸いカステラと「しぼるだけホイップ」、そしてイチゴを買って自分でショートケーキを組み立てました。お店でホールケーキを買うよりも大幅に経済的で、私が組み立てたというだけで親しみを持てるようなバースデーケーキになりました。これがきっかけで、誰かのお誕生日でないときにも気軽にホールケーキを楽しむために定期的にこれを実施するのが趣味になったのです。もう去年初めて一年近く経つのですが、一ヶ月に一、二回の頻度で楽しんでしまっています。

材料費はかなりお得です。カステラはスーパーやベーカリーなどでシンプルな丸いカステラを探すのですが、最近は有名な老舗ベーカリー「タカセ」で売っている丸いプレーンの「スポンジカステラ」が安いので買うことが多いです。値段はたったの220円です。そしてスーパーで売っている「しぼるだけホイップ」は一箱188円です。その二つがメインの材料ですが、後は缶詰のフルーツを買う場合や新鮮なイチゴやブドウを買ってそれをケーキに乗せたり挟んだりするので、値段は毎回微妙に違うだけです。

丸いカステラを横に半分に切って、その間にもクリームを塗ってフルーツを平に切って挟みます。外側にもクリームを塗り、てっぺんにもフルーツやチョコレートを乗せたりして毎回思いつきで違うケーキをデザインしています。火を使った「料理」をしないでパティシエにでもなったような気分になれて、なかなか楽しいものです。出来上がったケーキは紅茶と一緒に食べます。

この「ケーキ組み立て」の趣味のメリットと言えばホールケーキを買う頻度が少なくなったことですね。家族や親戚の誕生日に私がこの方法でケーキを自分で組み立てて出してあげることが最近多くなっていますので経済的です。そして私が作ったということで喜んでくれます。やはり一番分かりやすいメリットは「ホールケーキを安い値段で食べられる」ことです。デメリットは一気に食べ過ぎてしまうと太るということぐらいでしょうか。私一人だけのときには何日かに分けて食べるようにしています。

とても楽な「ケーキ作り」ですが、工作のように楽しい時間です。そして作業が終わった後には美味しい時間が待っています。

私が10年近くクロスバイクに乗る理由。

私がクロスバイクに乗り始めたのは、8年ほど前です。

当時、私はマラソンをしており、トレーニングの一環として、当時流行していたクロスバイク購入しました。

買ったのはジャイアントエスケイプR3で、入門者向けのクロスバイクでした。

マラソンでサブスリー(3時間を切ること)を目指して厳しいトレーニングをしていましたので、トレーニングというよりは気分転換に乗っていました。

5年前に太ももの筋肉を痛めて、マラソンは止めましたが、代わりにクロスバイクには今でも乗っています。

マラソンとは違い、心の底から趣味として楽しめていると思います。

時間があれば仕事終わりに、1時間程乗ります。

マラソンとは違い、食後でも乗ることができるので、乗る時間が取りやすいし、それほどきつくないので、いい気分転換になります。

休みの日には、車に積んで出掛け、100kmほどのサイクリングをし、美味しいものを食べたり、観光を楽しんでいます。

同じ時期にクロスバイクを買った友人の中には、ロードバイクに進んだ人もいますが、私は今でもエスケイプR3に乗り続けています。

私はロードバイクのウェアが好きになれません。

ただ自転車に乗るのなら良いのですが、観光をしたりするには変です。

クロスバイクなら、下にサイクルパンツを履いておけば、普通の服装でもおかしくありません。

また入門用ということもあり、走りに特化しておらず、快適装備が標準で付いています。

ハンドルグリップは幅広で、ハンドルバーを買い足さずに済みますし、サドルも柔らか目で、チョイ乗りなら、サイクルパンツも入りません。

また、私が体力がある方なのもありますが、そこそこの走りもできるので、一日100kmまでなら十分楽しめます。

また、クロスバイクはロードバイクに比べて、メンテナンスの費用がかかりません。

1日に走れる距離が短いので、必然的にパーツの寿命が伸びます。

そして、一つ一つのパーツもそれほど高価ではないので、費用が押さえられます。

良いことばかりのクロスバイクですが、一つだけデメリットがあります。

交通量の多い道路を通る時は車道を走りますので、車には迷惑をかけてしまいます。

ロードバイクほどスピードが出ないので、車のドライバーからすれば、ロードバイク以上に「邪魔」だと感じるのでしょう。

クラクションを鳴らされたり、罵声を浴びせられたこともあり、怖い思いをしたことが何度もあります。

これが唯一のデメリットだと思います。

まもなくクロスバイクを始めて10年になりますが、この先も続けていくと思います。

6万円弱で買ったクロスバイクで、10年近く楽しめてますし、月々かかる費用も飲み物代くらいで、ほとんどかかりません。

ですから体力が続く限り、楽しめると思います。