カメラでの風景写真撮影の趣味

趣味には沢山の種類がありますが、私の趣味は愛用のデジタル一眼レフカメラを持って、奈良や京都の寺社仏閣を訪ねて風景写真を撮影したり、旅行に出かけてそこで美しい風景写真を撮影する事です。

写真が趣味だと言うと、お金がかかる趣味と思われがちですが、カメラに凝り過ぎず、ダブルズームレンズと本体がキット販売されている初級モデルを数万円で最初に投資すれば、それで十分に楽しむ事が可能です。

少し腕を上げて来れば、標準の固定焦点レンズの交換レンズを買い足す程度で、長く撮影を楽しむ事が可能です。

デジタル化により、フィルムカメラ時代の様に現像費用等のランニングコストも不要で、パソコンがあればプリントコストも抑制できます。

その上、同好のサークル等でワイワイ楽しむ事も出来ますし、一人で撮影行を楽しむ事も可能です。雨天の日や夜には、撮りためたデーターを整理しながら撮影テクニックをチェックしたりして楽しむ事も出来ます。

写真撮影の中でも、風景写真をテーマとすれば、ベストショットを求めて結構歩き回ることになります。これは運動不足気味のビジネスマンにとっては運動になります。またミラーレス一眼レフカメラの出現で高性能でありながら小型軽量化が進み、カメラはおじさんだけの趣味ではなくなり、カメラ女子と言われる女性でカメラを趣味とする人も増えています。

さらに、定年退職して時間を持て余している高齢者にも最適な趣味と言えます。私が本格的にカメラを趣味としたのも定年退職後で、この趣味のお蔭で充実した日々を送る事が出来ています。

しかも、写真撮影の腕を上げる励みとして、ストックフォトサイトに写真をアップし

、僅かばかりの収入ですが、そのお金で交換レンズ等のカメラ周辺の機材購入費の足しにもできています。

スマホカメラで写真撮影を楽しんでいる方は非常に沢山おられますし、それほデジタル一眼レフカメラに持ち替えれば、画質は一段とアップし、単純にバエル写真だけでなく、撮影テーマの幅広がるはずです。

これから何か趣味を持とうとされる方には、カメラでの写真撮影がお勧めです。

映画鑑賞は最高の趣味

私の一番の趣味は映画鑑賞です。きっかけは、大学時代にやっていたアルバイトにあります。レンタルDVD店でアルバイトをしていたのですが、私が勤めていたお店では、店員特典として、好きな作品をいつでも借りられるんです!すごくないですか?通常、100円少々かかるレンタル代金が一切かからず、好きなだけ借りることができるんです!とはいえ、入荷したての新作を借りるのはだめです。旧作が基本で、まあ、せいぜい準新作ってところまでかな。でもね、レンタルDVD店で取り扱われている作品数というのは膨大です。邦画、洋画、アニメ、ドラマ・・、多種多様なジャンルが取り扱われており、これらをすべて見るのは不可能に等しいです。でもまあ、学生の間に、少なくとも、1000本以上の作品を視聴させていただき、映画に対する知識を深めることができました。とまあ、これがきっかけとなって、映画鑑賞が趣味になった次第です。それは今でも続いており、毎週何かしらの映画を視聴しているような状況です。ちなみに視聴方法ですが、基本的にはレンタルDVDを借りてくるか、動画配信サイトを利用するようにしています。ただし、どうしても見たい作品は映画館に足を運ぶようにしています。それでも、月に、10000円もかかりませんからね。お金のかからない趣味として本当に重宝していますよ。ちなみにですが、私が一番好きなジャンルはサスペンスです。謎が謎を呼ぶ展開が最高に面白くて、最初から最後まで緊張感あふれる中集中して視聴することができます。ただまあ、最近じゃあ謎やトリックが出尽くした感があって、斬新な作品に出会えることは少ないんですけどね・・。物語の途中で犯人が分かってしまうことが多く、かつてのようにハラハラドキドキしながら見れなくなってきました。そんな中で、たまーに出会う良作。これがあるから映画鑑賞はやめれないんだよな。数多くの凡作の中でひときわ異彩を放つ名作。ある意味では、凡作あっての良作なのかもしれません。

楽器演奏は楽しんでやりたいですね。

私の趣味は楽器演奏です。楽器はピアノです。もう20年近くやっています。私はピアノをやり始めたころ無理な練習をしたので、少し左手の具合が悪いのですが、楽しんでピアノを演奏しています。楽器演奏の利点は、趣味として人に言えることや音楽に詳しくなることです。ピアノは小さな音から大きな音まで様々な音色を表現出来ます。この強弱で音楽を作り出すのです。楽器演奏と言ってもいろいろなジャンルの音楽があるように、いろいろな奏法があります。私は、主に自作曲をやるのですが、クラシックのように弾きます。つまり、強の後、弱で弾く、強で弾く、弱で弾く、最初の音を強く弾いて、次の音を弱く弾いてみたいな感じです。昔はわかりませんでしたが、音楽は全体の構成を考えて弾くことが大事です。だから、上手い人の弾く演奏とそうじゃない人の弾く演奏には違いがあるのです。そして、自分の演奏を録音するのが重要です。録音した自分の演奏を聞くと大抵の場合、ここはこうした方が良かったと気づきがあります。そこを次に弾く時に直していい演奏になるようにしていきます。楽器演奏は指に違和感がある時は長時間やらない方が良いです。私はそれで左手を壊してしまいました。毎日15分くらいずつ練習する方が良いと私は思っています。1週間に1度、1時間やるような練習方法はあまり効果が出づらいと思っています。あとは楽器演奏を楽しむことです。楽しんで練習すれば、自然と上手くなると思います。ここでちょっと気をつけたいことを言いたいです。それは、速弾きは気をつけた方が良いと言うことです。速弾きを弾くにはテクニックが必要ですが、速弾きをやることに目的が移ってしまうからです。本当に上手い人と言うのは、どんなメロディを弾いても素人が弾くものとは違ってきます。これを目指した方が良いと思います。どんなメロディでもこの人の弾く演奏は違うと思わせることが出来れば、速弾きはもう出来ているはずなのです。だから、楽しんで良い演奏をする事に集中してやっていれば上手くなると思うんです。楽器演奏をこれからやってみようと思う人は楽しんでゆっくりとやっていけば良いのではないでしょうか。あとは1、2年練習してから人前で弾くのが良いでしょう。楽しい楽器演奏で心を豊かにしたいですね。

私の趣味は、釣りです。

私の趣味は、釣りです。始めたきっかけは、元々魚が好きで、全国各地の魚を見てみたい、と思った事がきっかけです。全国各地の釣り場を巡っているうちに、その土地毎の地域、特色ある魚に魅力を感じるようになりました。そこから、釣りによく行くようになりました。

中学三年生の頃から釣りに行くようになり、10年経過しています。

主に、その土地の魚を釣りたいと考えた他、釣るためにはどう工夫をすればいいか、何時に行くべきか等、工夫の力を身につけられる点に、やりがいを感じました。

メリットとしては、その土地の特色を知り、普段自分がいる地元とどんなところが違うのか、どんな魚が住んでいるのか等を、比較して楽しむ事ができます。また、何より非日常感を味わう事ができますので、普段の仕事の疲れなどを癒すには、最適です。釣りは、釣りに行く事だけが全てではなく、その釣りの当日の計画を立てるところから、釣りは始まっていると私は考えています。

どこに行きたい、この日は何を釣ろう、等を考えるだけでも非日常感を味わう事ができ、その日に向けて、毎日を頑張る事ができるのです。

デメリットとしては、イレギュラーが発生した時の対処方法をある程度熟知しておくべきところです。

例えば、大雪や台風などで交通機関がストップした時に、その日は自宅に帰れない、という事が起こりえるのです。その時に、パニックになるのではなく、冷静に宿を確保したり、代替の交通機関を利用する、対応能力が求められます。また、帰る日の次の日は休みにする等、時間的猶予を確保しておく事も大切です。

対応能力は回数を重ねれば慣れてきますし、そのイレギュラーさえも釣りの醍醐味と考えれば、ストレス無く楽しむ事ができます。

月々かかる費用については、一概ではありません。訪れる場所、釣りに行く回数によって大きく変動しますので、固定の額ではありません。

釣りは、普段の日常から離れる事ができますので、趣味としては最適だと考えます。

アニメ鑑賞でストレス発散

趣味を始めたきっかけは、いつと言うか昔から見ていたように思います。

特に良く見るようになったのは、5~6年まえぐらいだと思います。

メリットは、ただその世界にのめり込んで見れるので、自分のストレス発散見たいになっています。

時間を忘れて見ています。

デメリットは、入り込み過ぎることだと思います。

一番好きなアニメがジブリの作品なので、かなり世界感のあるもの。

現実世界とのギャップに、なぜかすごく落胆するというか生活に戻るとなんとなくテンションが下がるような感じがします。

費用は特にかからないようにしています。

たまにどうしても欲しいDVDなどがあれば買ってしまいますが、5000円までに抑えます。

最近は、いろんなアニメも見るようになったので、時間があれば見ています。

感動ものが特に好きなので、友情ものや、親子もの、動物ものは弱いです。

泣けるものはじっくり見たいのですが、なかなか時間がとれなかったりするので、楽しみにとっておいて時間があるときに一気に見ます。

号泣ものだと見たあとには、スッキリしています。

何度みても泣けるのは、ジブリの風の中のナウシカです。

何度みても泣けるのですが、毎回だいたい同じところで泣いてるように思います。

最後のシーンで泣けるのはもちろんですが、私的には小さい王蟲を連れていられるところがあるのですが、地味に泣けます。

人間とは一緒に暮らせないと言うセリフがあるのですが、切なくなってしまいます。

ストーリーも好きなのですが、出てくるキャラも良かったなと思います。

それにナウシカは、深い話なので、見終わったあとにすごく考えさせられるアニメのように感じます。

もちろん面白くて笑えるアニメも好きなのですが、泣きたいときに見たいところもあるように思います。

アニメを見ていると現実とは違う時を過ごせることですごく気持ちが楽になれるように思います。

ただ、見ているだけですごくリラックス出来ます。

そしてまた、生活に戻ってもやっていけるように思います。

登山という趣味の魅力と注意点とは

私は学生時代身体を動かす様な趣味はなく、どちらかと言うとインドア派の人間でした。所が会社勤めをしていた時代に、当時の上司にやや強引に誘われて登山に挑戦する羽目になったのです。もっとも登山と言っても初心者向けで標高も高くない金時山でしたが、それでも完全な初心者で当時運動不足だった私にはそれなりにきつく感じられました。それこそ登っている最中は、何が楽しいのかさっぱり分からないといった気持ちで、もう2度と挑戦しないという決心していたのを覚えています。所が山頂が近付いて来ると徐々に、気持ちが変化し行ったのです。これまで我慢して歩いて来た事が報われるという思いと共に、徐々に解放感が芽生えて来ました。それだけでなく山頂に到達し自然が豊かな景色を見下ろした所で、その美しさに身震いする様な強い感動を覚えたのです。我慢して山を登った果ての山頂での達成感は非常に心地良く、私はすっかり登山にハマってしまいました。ただし初心者向けとされる金時山でも体力がない私には、普通にきつかったです。そこで登山を趣味にするには体力作りが必要だろうと考え、日常的にジョギングを開始しました。こうして登山を趣味にした事で、運動不足も解消されて健康的な生活を送る様になった点も大きなメリットです。実際に登山を趣味にしてもう4年位経ちますが、今も少なくとも週に3、4日はジョギングをする様にしています。お陰で登山を始める前は少し中年太りが始まって肥満気味だった身体も、すっかり引き締める事が出来た点も良かったです。そんな登山の趣味ですが、デメリットというべき注意点も存在しています。山を甘く見るとそれこそ危険であり、初心者向けのなだらかな山であっても山の天気が急変して激しい雨が降り出したりすると、足場がぬかるんで危険な山へと急変する事もある事です。そのため安全な山だと甘く見ないで、事前の準備は念入りに行う必要があります。食料や水は勿論、道具類もきちんと装備しておきいざという場合に常に備える事が大事です。お陰で登山を趣味とする場合、最初に初期投資として道具を揃えるのにある程度お金が掛かります。揃える道具にもよりますが、それなりに本格的な装備にするには5万円以上掛かる事も少なくないです。更に山へと向かう交通費や場合によっては宿泊費も掛かるので、地味にお金が掛かる趣味だったりします。

究極の筋トレ!タバタ式トレーニング

私の趣味はタバタ式トレーニングと言う筋トレです。メリットは以下に沢山かきますがデメリットは特に見当たりません。費用もかからないし精神的にも肉体的にも経済的にも負担なく続けられます。まずタバタ式トレーニングのやり方について簡単に説明します。おおまかには、20秒間のきつい運動をやり10秒間休む、または10秒間そんなに疲れない運動を1つやる、それを8回繰り返すという内容。1回にかかる時間はたったの4分です。私はこれを朝起きてすぐと、朝食後、帰宅後すぐと夕食後、最後に寝る前の1日5回やっています。きつい運動はこれじゃなきゃダメですということはないので、私は軽くジャンプして手を上げる着地してしゃがんで床に手をつく。この単純な筋トレを10回位やります。他には床に手をつきちょうど腕立てのような姿勢をとり足だけ素早く動かす。これは20回位やって1セットにしています。これを始めたきっかけは若くして脳梗塞になったことです。一週間入院してあるゆる検査をした結果肥満による動脈硬化と喫煙が原因という診断でした。退院の時生活習慣を改めなければ2年以内の再発は避けられないと医者に宣告されました。幸いにも麻痺とかにならずにすんだ訳だから感謝の気持ちで生まれ変わらなければと思いダイエットと喫煙を決意しました。それで行きついたのがこのタバタ式筋トレです。お金もない、時間もない、気力もない自分が2年間これを続けてこれたのは試行錯誤しながらも自分んにぴったり合った筋トレに出会えたという単純な理由だと思います。病気になる以前にタバコを吸っていたようなタイミングでやるのです。その後モチベーションを上げるために体重や体脂肪を計ったりもします。結構汗をかくので特保のコーラを「グーー」と飲みほすのも楽しみです。若いときはサッカーをやったりわりとスポーツは好きな方でしたが、食べることとタバコが趣味のようになってしまってからは歩くのすら面倒に思えるような不健康な状態でした。今はこの筋トレによって体重が15キログラム減と軽量化したので休日は子どもたちと一緒に走ってボールを蹴るのが楽しみになりました。「タバタ式トレーニングが趣味です」というと「えっ」と驚かれることもありますが、私の以前の容貌を知っている人は「良い趣味だね」と納得してくれています。

趣味としてDIYをするにあたり気をつけたいこと

DIYを趣味として行うにあたり気をつけないといけないことは怪我です。DIYは必然的に鋸や金槌などを使いますので手や足を汚しやすいので怪我をした場合、治療費が掛かります。ですが、趣味として行うに当たっては道具さえそろえてしまえば後は材料費だけですのでそれほど趣味として行う際にお金は掛かりません。ただし、DIYに使う道具は日夜進化し続けている上に新型製品がたくさん発売されてどんどん便利な機能を搭載したドリルや小型化されたポール盤などが発売されて便利になった商品が発売されるため、新しい道具が欲しいと思うことがあります。新しい道具を買いなおすか今ある道具を使用するかという問題が起きた場合、今使っている道具を中古として売却して新しい道具を購入するか新しい道具を購入することを諦めるかを選択しなければいけません。無論新しい、道具を購入すると出費も多くなります。これがDIYをする際の注意点です。新しい道具が無性に欲しくなった場合、購入すると出費が増えます。購入しなければDIYで使用する材料費のみですので安い金額で趣味を楽しめます。しかし新しい道具を手に入れることに固着してしまい、DIYで物作りを楽しむのではなく、新しい道具を購入して使用したいということに趣味が置き換わりやすいのがDIYです。そうなってしまうと、DIYを楽しむのではなく新しい道具を使用することを楽しんでいるような物で何かを作り出すということを楽しんでおらず,DIYを趣味としているとはいえません。これが結構、DIYをしている人に結構多く、DIYを楽しんでいるのではなく、新しい道具を使用することを楽しんでいる人が結構います。DIYは日曜代具で簡単な家具や日用品を作ることに意味があり、新しい道具を次々と購入することではないのです。既存の道具を使用して何を作るかを重視した方が楽しめる趣味がDIYです。既存の道具であれば日曜日のみのDIYでも大抵3000円も使用せずに何か家具を作ることも出来ますし日用品を作り上げることも可能です。あくまで道具が揃っていることが条件ですが私の場合、日曜大工としてDIYをしていますが材料は100円ショップでも手に入るため、材料費については、どのくらい贅沢をすることが出来るかになるでしょう。材料費をあげたからといってもその材料で作った物がすばらしいものであるかどうかなどの保証はありません。きちんとニスを塗ったりして材料を処理してあげなければどんな材料も駄目になってしまいます。これは料理と通じる部分があり料理もきちんとした処理をしないと失敗してしまいます。DIYも同じで出来た家具や日用品に最後処理をしてコーティングを施さなければ家具や日用品として使用した際、すぐに劣化して壊れたりします。肝心なことは限られた道具を駆使し、丁寧に下処理をして何かを作り出すことに意味がある趣味がDIYです。怪我に注意してDIYを楽しみましょう。

ボルダリングを趣味にしたいあなたへ

ボルダリングを始めたきっかけは、楽しく筋肉をつけることができる運動をしたいと

思ったからです。運動不足で筋力も体力も落ちているなと感じていて運動をしたいと

思っていました。でも筋トレとか重たいものを持ち上げてやるのは長続きしなさそうだし、

ゲーム感覚でできるボルダリングなら続けられるんじゃないかなと思い体験レッスンを

受けに行きました。体験レッスンがあまりに面白くてそのまま入会しました。

始めてから3ヶ月になります。

<ボルダリングって?>

ボルダリングは人口ホールドの壁を登っていくものになります。自然の岩を登る場合も

ボルダリングと言います。安全確保のロープをしないで登ります。

頭と体を使うことができるスポーツとして注目されています。

<ボルダリングのメリットとデメリット>

ボルダリングのメリットは楽しく体を動かすことができるという点です。登り切った時の

達成感も味わえてゲーム感覚で運動できます。それから全身の筋力を使うことができ

筋肉をつけることができる、体力アップにつながるという点もメリットです。

あっという間に時間が過ぎてしまうので運動しているという感じが全くありません。

ボルダリングのデメリットは全身筋肉痛になってしまうという点です。初めての場合、翌日は必ず筋肉痛になると言っても良いかもしれません。それから手に血豆ができやすくなります。手で岩になっている部分をつかんで登っていくので手が痛くなりやすいです。

手袋などはしますがそれでも血豆ができやすいです。

あとは体の色々な部分をぶつけやすいのでどうしてもアザとかができやすいです。内出血しやすい人や切り傷、擦り傷ができやすい人はウエアで身体を守れるようにしたほうが良いでしょう。

<ボルダリングにかかる費用は?>

ボルダリングは初回体験レッスンがある施設が多いので持ち物なども必要なく、

施設利用料を支払うだけで体験できます。この費用は3,000円前後の施設が多いです。

体験後はビジターで利用するか会員で利用するかになります。

ウエアは特に専用のものはないので動きやすい服装で良いですが、シューズとチョークと

チョークバッグは必要になります。レンタルもできますが通う頻度が多い場合は購入したほうが良いでしょう。シューズは1万円くらいからあります。チョークバッグは5千円前後、チョークはジム内で購入して千円でした。施設利用料金はジムにより異なりますが私は1ヶ月1万円のフリーパスを購入して利用しています。

気になる人はまず体験レッスンを受けてみると良いでしょう。

趣味としてドライブを行なうに当たり注意する点

趣味として車で行きたい所にいくドライブを趣味として7年ほどしておりますがこの趣味を行なうに当たり注意する点は、車の整備状態と燃費です。車の整備状態は日ごろ、日常でも車を運転する私の場合、自分で交換できる部品、整備できる範囲内であれば老いる交換などのほかラジエーター液などの交換も自分でします。この整備状況が悪いといざと言うとき、ドライブをしようと出かけたとき、不具合に気づいた際、修理をする必要が無い不具合であれば問題は無いのですが、修理をする必要のある不具合だと修理工場を探さないといけないからです。私は過去、ドライブ中に、発電ダイナモが故障したことがありましてその際、ドライブを途中で切り上げ帰って修理をしたこともあります。発電ダイナモが故障するとバッテリーが充電できなくなりましてやがてエンジンが止まり動かなくなります。そうならないうちに家に帰り修理をするなり修理工場を探して修理をする必要があります。一応簡易修理工具を積んでいますが簡易修理工具では修理できない故障もありそうした場合、本格的に修理をして治すしかないです。基本的にこの趣味、車の状態を出来るだけよい状態にする必要がありますのでメンテナンス代が掛かりますが、しょっちゅう部品を交換するわけではなくオイル交換やラジエーター液が減っているかなどを見て交換するだけですから、オイル代4000円位、ラジエーターは減った分を補給するので水道水でも構わないです。ポルシェみたいな車に乗っているのであればオイル大はもっと掛かると思いますが私の場合、ジムニーシエラですのでそれほどオイル代はかからないです。燃料代はこれについては移動した分消費しますのでエコ運転をすれば燃費をよくすることが出来ますし、趣味がドライブというのは車を運転してどこかに行くことが好きなだけですのでスピードを出したいわけではないので燃料代についてはどの位の距離を走るかによります。燃費でいうとリッター14キロくらいですので後は移動距離がどのくらいであるかです。スピードを出すことに意味見出すドライブとどこかへ行くことに意味を見出すドライブがありますのでどちらのドライブに当てはまるかにより趣味に使う金額も換わります。スピードを出すタイプですと、多分、スポーツカーでしょうから維持費はかなり高く、燃料もハイオクしか使えない為かなり高額になり、燃費も悪いのでかなり出費はすると思います。私は遠くに行くタイプですのでスピードを出したいタイプではないのでよくは分からないのですがスポーツカーは維持費がかなり高くなるということは知っていますので、どちらのタイプのドライブを行うかにより出費も変わります。