登山という趣味の魅力と注意点とは

私は学生時代身体を動かす様な趣味はなく、どちらかと言うとインドア派の人間でした。所が会社勤めをしていた時代に、当時の上司にやや強引に誘われて登山に挑戦する羽目になったのです。もっとも登山と言っても初心者向けで標高も高くない金時山でしたが、それでも完全な初心者で当時運動不足だった私にはそれなりにきつく感じられました。それこそ登っている最中は、何が楽しいのかさっぱり分からないといった気持ちで、もう2度と挑戦しないという決心していたのを覚えています。所が山頂が近付いて来ると徐々に、気持ちが変化し行ったのです。これまで我慢して歩いて来た事が報われるという思いと共に、徐々に解放感が芽生えて来ました。それだけでなく山頂に到達し自然が豊かな景色を見下ろした所で、その美しさに身震いする様な強い感動を覚えたのです。我慢して山を登った果ての山頂での達成感は非常に心地良く、私はすっかり登山にハマってしまいました。ただし初心者向けとされる金時山でも体力がない私には、普通にきつかったです。そこで登山を趣味にするには体力作りが必要だろうと考え、日常的にジョギングを開始しました。こうして登山を趣味にした事で、運動不足も解消されて健康的な生活を送る様になった点も大きなメリットです。実際に登山を趣味にしてもう4年位経ちますが、今も少なくとも週に3、4日はジョギングをする様にしています。お陰で登山を始める前は少し中年太りが始まって肥満気味だった身体も、すっかり引き締める事が出来た点も良かったです。そんな登山の趣味ですが、デメリットというべき注意点も存在しています。山を甘く見るとそれこそ危険であり、初心者向けのなだらかな山であっても山の天気が急変して激しい雨が降り出したりすると、足場がぬかるんで危険な山へと急変する事もある事です。そのため安全な山だと甘く見ないで、事前の準備は念入りに行う必要があります。食料や水は勿論、道具類もきちんと装備しておきいざという場合に常に備える事が大事です。お陰で登山を趣味とする場合、最初に初期投資として道具を揃えるのにある程度お金が掛かります。揃える道具にもよりますが、それなりに本格的な装備にするには5万円以上掛かる事も少なくないです。更に山へと向かう交通費や場合によっては宿泊費も掛かるので、地味にお金が掛かる趣味だったりします。

究極の筋トレ!タバタ式トレーニング

私の趣味はタバタ式トレーニングと言う筋トレです。メリットは以下に沢山かきますがデメリットは特に見当たりません。費用もかからないし精神的にも肉体的にも経済的にも負担なく続けられます。まずタバタ式トレーニングのやり方について簡単に説明します。おおまかには、20秒間のきつい運動をやり10秒間休む、または10秒間そんなに疲れない運動を1つやる、それを8回繰り返すという内容。1回にかかる時間はたったの4分です。私はこれを朝起きてすぐと、朝食後、帰宅後すぐと夕食後、最後に寝る前の1日5回やっています。きつい運動はこれじゃなきゃダメですということはないので、私は軽くジャンプして手を上げる着地してしゃがんで床に手をつく。この単純な筋トレを10回位やります。他には床に手をつきちょうど腕立てのような姿勢をとり足だけ素早く動かす。これは20回位やって1セットにしています。これを始めたきっかけは若くして脳梗塞になったことです。一週間入院してあるゆる検査をした結果肥満による動脈硬化と喫煙が原因という診断でした。退院の時生活習慣を改めなければ2年以内の再発は避けられないと医者に宣告されました。幸いにも麻痺とかにならずにすんだ訳だから感謝の気持ちで生まれ変わらなければと思いダイエットと喫煙を決意しました。それで行きついたのがこのタバタ式筋トレです。お金もない、時間もない、気力もない自分が2年間これを続けてこれたのは試行錯誤しながらも自分んにぴったり合った筋トレに出会えたという単純な理由だと思います。病気になる以前にタバコを吸っていたようなタイミングでやるのです。その後モチベーションを上げるために体重や体脂肪を計ったりもします。結構汗をかくので特保のコーラを「グーー」と飲みほすのも楽しみです。若いときはサッカーをやったりわりとスポーツは好きな方でしたが、食べることとタバコが趣味のようになってしまってからは歩くのすら面倒に思えるような不健康な状態でした。今はこの筋トレによって体重が15キログラム減と軽量化したので休日は子どもたちと一緒に走ってボールを蹴るのが楽しみになりました。「タバタ式トレーニングが趣味です」というと「えっ」と驚かれることもありますが、私の以前の容貌を知っている人は「良い趣味だね」と納得してくれています。

趣味としてDIYをするにあたり気をつけたいこと

DIYを趣味として行うにあたり気をつけないといけないことは怪我です。DIYは必然的に鋸や金槌などを使いますので手や足を汚しやすいので怪我をした場合、治療費が掛かります。ですが、趣味として行うに当たっては道具さえそろえてしまえば後は材料費だけですのでそれほど趣味として行う際にお金は掛かりません。ただし、DIYに使う道具は日夜進化し続けている上に新型製品がたくさん発売されてどんどん便利な機能を搭載したドリルや小型化されたポール盤などが発売されて便利になった商品が発売されるため、新しい道具が欲しいと思うことがあります。新しい道具を買いなおすか今ある道具を使用するかという問題が起きた場合、今使っている道具を中古として売却して新しい道具を購入するか新しい道具を購入することを諦めるかを選択しなければいけません。無論新しい、道具を購入すると出費も多くなります。これがDIYをする際の注意点です。新しい道具が無性に欲しくなった場合、購入すると出費が増えます。購入しなければDIYで使用する材料費のみですので安い金額で趣味を楽しめます。しかし新しい道具を手に入れることに固着してしまい、DIYで物作りを楽しむのではなく、新しい道具を購入して使用したいということに趣味が置き換わりやすいのがDIYです。そうなってしまうと、DIYを楽しむのではなく新しい道具を使用することを楽しんでいるような物で何かを作り出すということを楽しんでおらず,DIYを趣味としているとはいえません。これが結構、DIYをしている人に結構多く、DIYを楽しんでいるのではなく、新しい道具を使用することを楽しんでいる人が結構います。DIYは日曜代具で簡単な家具や日用品を作ることに意味があり、新しい道具を次々と購入することではないのです。既存の道具を使用して何を作るかを重視した方が楽しめる趣味がDIYです。既存の道具であれば日曜日のみのDIYでも大抵3000円も使用せずに何か家具を作ることも出来ますし日用品を作り上げることも可能です。あくまで道具が揃っていることが条件ですが私の場合、日曜大工としてDIYをしていますが材料は100円ショップでも手に入るため、材料費については、どのくらい贅沢をすることが出来るかになるでしょう。材料費をあげたからといってもその材料で作った物がすばらしいものであるかどうかなどの保証はありません。きちんとニスを塗ったりして材料を処理してあげなければどんな材料も駄目になってしまいます。これは料理と通じる部分があり料理もきちんとした処理をしないと失敗してしまいます。DIYも同じで出来た家具や日用品に最後処理をしてコーティングを施さなければ家具や日用品として使用した際、すぐに劣化して壊れたりします。肝心なことは限られた道具を駆使し、丁寧に下処理をして何かを作り出すことに意味がある趣味がDIYです。怪我に注意してDIYを楽しみましょう。

ボルダリングを趣味にしたいあなたへ

ボルダリングを始めたきっかけは、楽しく筋肉をつけることができる運動をしたいと

思ったからです。運動不足で筋力も体力も落ちているなと感じていて運動をしたいと

思っていました。でも筋トレとか重たいものを持ち上げてやるのは長続きしなさそうだし、

ゲーム感覚でできるボルダリングなら続けられるんじゃないかなと思い体験レッスンを

受けに行きました。体験レッスンがあまりに面白くてそのまま入会しました。

始めてから3ヶ月になります。

<ボルダリングって?>

ボルダリングは人口ホールドの壁を登っていくものになります。自然の岩を登る場合も

ボルダリングと言います。安全確保のロープをしないで登ります。

頭と体を使うことができるスポーツとして注目されています。

<ボルダリングのメリットとデメリット>

ボルダリングのメリットは楽しく体を動かすことができるという点です。登り切った時の

達成感も味わえてゲーム感覚で運動できます。それから全身の筋力を使うことができ

筋肉をつけることができる、体力アップにつながるという点もメリットです。

あっという間に時間が過ぎてしまうので運動しているという感じが全くありません。

ボルダリングのデメリットは全身筋肉痛になってしまうという点です。初めての場合、翌日は必ず筋肉痛になると言っても良いかもしれません。それから手に血豆ができやすくなります。手で岩になっている部分をつかんで登っていくので手が痛くなりやすいです。

手袋などはしますがそれでも血豆ができやすいです。

あとは体の色々な部分をぶつけやすいのでどうしてもアザとかができやすいです。内出血しやすい人や切り傷、擦り傷ができやすい人はウエアで身体を守れるようにしたほうが良いでしょう。

<ボルダリングにかかる費用は?>

ボルダリングは初回体験レッスンがある施設が多いので持ち物なども必要なく、

施設利用料を支払うだけで体験できます。この費用は3,000円前後の施設が多いです。

体験後はビジターで利用するか会員で利用するかになります。

ウエアは特に専用のものはないので動きやすい服装で良いですが、シューズとチョークと

チョークバッグは必要になります。レンタルもできますが通う頻度が多い場合は購入したほうが良いでしょう。シューズは1万円くらいからあります。チョークバッグは5千円前後、チョークはジム内で購入して千円でした。施設利用料金はジムにより異なりますが私は1ヶ月1万円のフリーパスを購入して利用しています。

気になる人はまず体験レッスンを受けてみると良いでしょう。