自分の趣味であるスポーツ観戦について

私の趣味は、スポーツ全般の観戦です。スポーツが大好きで物心ついた頃から様々なスポーツに実際に挑戦したり観戦してきました。幼い頃から現在に至るまで30年近くスポーツ観戦や実際にスポーツをする事を趣味としてきました。スポーツ観戦ですが、プロ野球や高校野球をメインにしてサッカーのJリーグや海外のスペインリーグやプレミアリーグも見ています。その他にもバスケットボールやバレーボール、卓球、駅伝なども観戦するのが趣味です。スポーツ観戦を趣味にしているメリットですが、いろんな競技を観戦する事で4年に一度開催されるオリンピックは更に観戦を楽しむ事が出来ています。幅広いスポーツ競技を日頃から観戦して知っているとオリンピックは何倍も楽しめます。オリンピックでは、多くの競技が行われますが、まだあまり知られていない競技なども中にはあります。日頃から多くのスポーツをテレビで観戦していると競技に対する知識やどの選手が強いのか知る事が出来るメリットがあります。デメリットとしては、テレビでの観戦だけではなく特にプロ野球や甲子園、Jリーグなどは現地で観戦する事が多くなっています。観戦するためのチケット料金や現地までアクセスする交通費などが必要となります。唯一のデメリット点としては、現地観戦する場合は費用がどうしても嵩んでしまう点です。スポーツ観戦にかかっている費用ですが、月平均でおおよそ5千円から1万円くらいです。毎月、スポーツ観戦に行ける訳では無いため、月平均すると1万円くらいの費用となっています。特に夏の甲子園などは毎年、現地で観戦しており甲子園予選から球場に足を運んでいます。地方予選から本大会の開催される甲子園まで観戦しに行くため、費用はかなりかかってしまうものの趣味として毎年足を運んで現地で観戦しています。私は、幼い頃からスポーツに触れたり観戦する事を趣味としてきたため、今後も自分の趣味を大切にしていきたいと思っています。スポーツを実際にする事で健康にも良く、スポーツ観戦で友人や仲間が増える魅力もあります。スポーツを通じて沢山のメリットがあるため、スポーツ観戦はとても良いです。

料理というよりケーキを組み立てる!なんちゃってパティシエ気分の趣味

私には定期的に楽しむ趣味があります。だいたい一ヶ月に一、二回ぐらいやるのですが、ケーキ作りです。とは言ってもケーキを「組み立てる」だけですね。カステラは出来上がった丸いものをベーカリーで買い、袋入りの出来上がったクリームを塗って好きなフルーツなどを入れたり乗せたりして丸いホールケーキを作って楽しんでいます。息抜きしたいときや何かを頑張った後にこれを楽しんでいます。

こういった方法でケーキを「組み立てる」趣味を持つきっかけになったのは母の去年の誕生日でした。母の誕生日ケーキをどうしようかギリギリまで迷った結果、ベーカリーでホールケーキをお誕生日メッセージ入りで当日その場で作ってくれるかどうか分からなかったので、結局私がスーパーで丸いカステラと「しぼるだけホイップ」、そしてイチゴを買って自分でショートケーキを組み立てました。お店でホールケーキを買うよりも大幅に経済的で、私が組み立てたというだけで親しみを持てるようなバースデーケーキになりました。これがきっかけで、誰かのお誕生日でないときにも気軽にホールケーキを楽しむために定期的にこれを実施するのが趣味になったのです。もう去年初めて一年近く経つのですが、一ヶ月に一、二回の頻度で楽しんでしまっています。

材料費はかなりお得です。カステラはスーパーやベーカリーなどでシンプルな丸いカステラを探すのですが、最近は有名な老舗ベーカリー「タカセ」で売っている丸いプレーンの「スポンジカステラ」が安いので買うことが多いです。値段はたったの220円です。そしてスーパーで売っている「しぼるだけホイップ」は一箱188円です。その二つがメインの材料ですが、後は缶詰のフルーツを買う場合や新鮮なイチゴやブドウを買ってそれをケーキに乗せたり挟んだりするので、値段は毎回微妙に違うだけです。

丸いカステラを横に半分に切って、その間にもクリームを塗ってフルーツを平に切って挟みます。外側にもクリームを塗り、てっぺんにもフルーツやチョコレートを乗せたりして毎回思いつきで違うケーキをデザインしています。火を使った「料理」をしないでパティシエにでもなったような気分になれて、なかなか楽しいものです。出来上がったケーキは紅茶と一緒に食べます。

この「ケーキ組み立て」の趣味のメリットと言えばホールケーキを買う頻度が少なくなったことですね。家族や親戚の誕生日に私がこの方法でケーキを自分で組み立てて出してあげることが最近多くなっていますので経済的です。そして私が作ったということで喜んでくれます。やはり一番分かりやすいメリットは「ホールケーキを安い値段で食べられる」ことです。デメリットは一気に食べ過ぎてしまうと太るということぐらいでしょうか。私一人だけのときには何日かに分けて食べるようにしています。

とても楽な「ケーキ作り」ですが、工作のように楽しい時間です。そして作業が終わった後には美味しい時間が待っています。

私が10年近くクロスバイクに乗る理由。

私がクロスバイクに乗り始めたのは、8年ほど前です。

当時、私はマラソンをしており、トレーニングの一環として、当時流行していたクロスバイク購入しました。

買ったのはジャイアントエスケイプR3で、入門者向けのクロスバイクでした。

マラソンでサブスリー(3時間を切ること)を目指して厳しいトレーニングをしていましたので、トレーニングというよりは気分転換に乗っていました。

5年前に太ももの筋肉を痛めて、マラソンは止めましたが、代わりにクロスバイクには今でも乗っています。

マラソンとは違い、心の底から趣味として楽しめていると思います。

時間があれば仕事終わりに、1時間程乗ります。

マラソンとは違い、食後でも乗ることができるので、乗る時間が取りやすいし、それほどきつくないので、いい気分転換になります。

休みの日には、車に積んで出掛け、100kmほどのサイクリングをし、美味しいものを食べたり、観光を楽しんでいます。

同じ時期にクロスバイクを買った友人の中には、ロードバイクに進んだ人もいますが、私は今でもエスケイプR3に乗り続けています。

私はロードバイクのウェアが好きになれません。

ただ自転車に乗るのなら良いのですが、観光をしたりするには変です。

クロスバイクなら、下にサイクルパンツを履いておけば、普通の服装でもおかしくありません。

また入門用ということもあり、走りに特化しておらず、快適装備が標準で付いています。

ハンドルグリップは幅広で、ハンドルバーを買い足さずに済みますし、サドルも柔らか目で、チョイ乗りなら、サイクルパンツも入りません。

また、私が体力がある方なのもありますが、そこそこの走りもできるので、一日100kmまでなら十分楽しめます。

また、クロスバイクはロードバイクに比べて、メンテナンスの費用がかかりません。

1日に走れる距離が短いので、必然的にパーツの寿命が伸びます。

そして、一つ一つのパーツもそれほど高価ではないので、費用が押さえられます。

良いことばかりのクロスバイクですが、一つだけデメリットがあります。

交通量の多い道路を通る時は車道を走りますので、車には迷惑をかけてしまいます。

ロードバイクほどスピードが出ないので、車のドライバーからすれば、ロードバイク以上に「邪魔」だと感じるのでしょう。

クラクションを鳴らされたり、罵声を浴びせられたこともあり、怖い思いをしたことが何度もあります。

これが唯一のデメリットだと思います。

まもなくクロスバイクを始めて10年になりますが、この先も続けていくと思います。

6万円弱で買ったクロスバイクで、10年近く楽しめてますし、月々かかる費用も飲み物代くらいで、ほとんどかかりません。

ですから体力が続く限り、楽しめると思います。